introduction

学校紹介

設置学科

理学療法学科

理学療法学科

Department of Physical Therapy

基本動作の回復をサポートする「動作のスペシャリスト」

定員:70名
入学資格:高校卒業以上(またはそれと同等以上)
修業年限:4年
目標資格:理学療法士国家試験受験資格
卒業することで高度専門士の称号を取得
 
 
詳しくはこちら

作業療法学科

作業療法学科

Department of Occupational Therapy

「その人らしく生きる」を追求するスペシャリスト

定員:30名
修業年限:4年
入学資格:高校卒業以上(またはそれと同等以上)
目標資格:作業療法士国家試験受験資格
卒業することで高度専門士の称号を取得
 
詳しくはこちら

言語聴覚学科

言語聴覚学科

Department of Speech-Language-Hearing Therapy

「話す、聞く、食べる」のスペシャリスト

定員:35名
修業年限:2年
入学資格:大学卒業以上
目標資格:言語聴覚士国家試験受験資格
 
専門実践教育訓練給付金制度 指定講座
 
詳しくはこちら


ふれあいグループの教育部門として

ふれあいグループ

湘南東部総合病院のリハビリテーションセンター

 

医療・福祉の現場からバックアップを受けながらスペシャリストを目指す。

当校の母体は神奈川県・東京都・静岡県に70を超す病院や福祉施設などを展開する「ふれあいグループ」です。

当校を卒業する学生の多くが「ふれあいグループ」の病院や施設に就職しています。このことが意味するのは、当校の教育がグループのリハビリテーション部門の将来を担っているということです。
当校の学生はふれあいグループ全体のサポートを受けながら、スペシャリストへの道を歩んでいきます。現場のノウハウを余すことなく伝えるための連携は、学生にとって大きなメリットとなります。
 

ふれあいグループ概要

神奈川県下最大規模の医療法人グループ
職員数 6,700名
施設数 73施設

  • 病院 17施設
  • クリニック 6施設
  • 保健施し2施設
  • 介護老人保健施設 9施設
  • 在宅支援施設 14施設
  • 福祉施設 7施設
  • 有料老人ホーム 12施設
  • 教育施設 7施設

 
ふれあいグループのサイト 


教育理念と目標

教育理念
「人を尊び 命を尊び 個を敬愛す」
 この理念のもとで育む豊かな知識と技術

  • ふれあいの心、思いやりの心を基礎とした医療・福祉教育
  • 変動する社会情勢を認識し、それに対応できる医療・福祉教育
  • 進歩する文明社会に対応した医療・福祉教育
  • 豊かな人間性と高度な専門性を備えた医療・福祉教育

教育目標 

  • すべての人間に対して深い愛情と思いやりをもち、調和の取れた社会人としての成長を図る
  • 医療・福祉の対象である地域社会を総合的に捉え、対象に応じた対応を主体的に実践する能力を養う
  • 変動する社会情勢を認識し、乳幼児から高齢者まで幅広い医療・福祉に対応できる能力を養う
  • 知識・技術の向上を目指す研究的態度を養う

6つの取り組み

 
 
 
 
 
 
 

全ての臨床実習をふれあいグループ関連病院・施設で実施

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士になるためには、病院や福祉施設で臨床実習を行う必要があります。当校では全ての学生が全ての臨床実習をふれあいグループ関連病院・施設で実施しています。
これにより学校と病院・福祉施設は緊密な連携のもとで臨床実習を行うことが可能となっています。
またふれあいグループの関連病院・施設は神奈川県を中心に静岡県東部・伊豆、東京都町田市に集中していますので、ほぼ全ての学生が自宅から臨床実習に通うことが可能です。自宅から通えることで安心して臨床実習に専念できるほか、実習時の宿泊費などの費用が必要なくなります。 

現場の医療従事者による実践的な授業

ふれあいグループの全面協力により、当校では多くの現役の医療従事者を授業に招き、実践的な授業が行っています。現場に籍をおく医師や臨床心理士、理学療法士や作業療法士・言語聴覚士などから「今、必要とされる知識や技術」を学ぶことができるのは、グループをあげてリハビリテーションのプロを育てようという体制の表れです。

普段の授業から臨床実習、就職まで一貫した教育体制

母体が医療・福祉の総合グループであるため、医療福祉業界のニーズをいちはやく学校教育に取り入れることが可能です。またふれあいグループと当校は共通の理念のもとに運営されており、学校教育、臨床実習、就職まで一貫した体制で専門職への道を歩んでいくことができます。臨床実習においては当校をよく知る卒業生から指導を受けることが多く、卒業してからの勉強会などでも学校との関わりを深く持つことが可能です。

基礎医学系科目の充実(理学療法学科・作業療法学科)

基礎分野
リハビリの専門職になる上で直接必要ない一般教養科目を可能な限り排除し、時間数を確保。そのなかにあって物理学や生命科学、文章読解法など、その後の学習につながる科目を取り上げることで、高校までの苦手を引きずることなく、新たな学習につなげていきます。
専門基礎分野
解剖学や生理学といった「人体の構造と機能」に関する科目は指定単位数を大きく上回るようカリキュラムを整備。不自由さを抱える方一人ひとりに合わせたリハビリテーションのプログラムを組み立てる上で根拠となる知識をしっかりと身につけることで、現場で力を発揮できるようにしています。
専門分野
臨床実習をはじめとするこの分野は、医療・福祉の現場で必要とされる実際の技術や知識を学びます。この分野においても指定単位を上回るカリキュラムを編成しており、現場で活躍していく上でのベースとなる技術や知識の獲得に大きくつながっています。

少人数クラス制による徹底したサポート

学療法学科は35名☓2クラス、作業療法学科は30名☓1クラス、言語聴覚学科は35名☓1クラスのクラス制を採用。各クラスには担任・副担任を配置し、日頃の学習や生活面などのサポートを行っています。学習を進めていく上でつまづきや悩みを抱えることは誰にでも起こり得ることです。当校では1クラスの人数を少なくし、担任やスクールカウンセラーに相談しやすい環境を整えています。

25年間にわたり積み重ねてきた豊富な教育実績

2022年4月、当校は25期生を迎え入れました。これまでに輩出した卒業生は約1,900名を数え、多くの卒業生が神奈川県を中心に活躍しています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が活躍する病院や福祉施設からは、これまでの教育実績には大きな評価を頂いており、当校には全国から多くの求人が寄せられます。グループ外で活躍する卒業生からは直接、求人の依頼をいただくこともあり、グループ外への就職も万全です。多くの卒業生の存在は学校にとって大きな財産であり、新設校にはない当校で学ぶ大きなメリットです。