理学療法学科

理学療法学科(Physical Therapist)

理学療法士とは

理学療法とは立つ・歩く・座る・寝る・起きるといった基本動作の障がいや筋力や持久力の低下、身体各部の痛みなどをより良い状態に回復させるための手段をいいます。
理学療法士は麻痺からの回復や筋力・持久力を高めるために運動療法を用いたり、痛みを軽減させるために患部を温めたり、冷やしたりする物理療法を用いて不自由さを抱える人たちにアプローチしていきます。
それらの方法でも回復できない場合には、杖や車椅子などの装具を活用したり、生活環境を改善することで、その人がより良い生活を送ることができるよう支援していきます。 

学科概要

取得資格

理学療法士国家試験受験資格

卒業により高度専門士

入学定員

70名(35名☓2クラス)

修業年限

4年間

その他

一般社団法人リハビリテーション教育評価機構認定

高度専門士

理学療法学科の特徴

クリニカル・クラークシップ方式(CCS方式)による臨床実習

理学療法学科では全国に先駆けてクリニカル・クラークシップ方式の臨床実習を導入しています。この方式は、従来の臨床実習で指摘されている過剰な精神的ストレスなど、様々な問題を解消するとともに、病院・施設のリハビリテーションスタッフの一員という位置づけで患者様に接することで、これまでに学んできたことを体験的に学ぶことができるというメリットがあります。この方式で臨床実習を実施できるのは、すべての臨床実習をふれあいグループ関連病院・施設で実施することができるからです。

カリキュラム

基礎分野(16単位 240時間)

文章読解法、物理学、生命科学、情報科学、医学概論、医学英語、健康科学、コミュニケーション論

専門基礎分野(51単位 1050時間)

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、解剖学Ⅲ、解剖学実習、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、運動学Ⅰ、人間発達学、リハビリテーション概論、社会福祉学、医療社会学、生理学実習、運動学Ⅱ、運動学Ⅲ、機能解剖学、病理学、臨床心理学、内科学Ⅰ、内科学Ⅱ、神経内科学Ⅰ、神経内科学Ⅱ、整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、臨床医学Ⅰ、臨床医学Ⅱ、リハビリテーション医学Ⅰ、リハビリテーション医学Ⅱ、地域リハビリテーション

専門分野(66単位 2280時間)

理学療法概論、職業管理学、理学療法評価学Ⅰ、理学療法診断学Ⅰ、症候障害学Ⅰ、職業倫理学、理学療法評価学Ⅱ、理学療法診断学Ⅱ、運動生理学、運動療法学演習、義肢学、装具学、日常生活活動学Ⅰ、臨床参加研修Ⅰ、症候障害学Ⅱ、動作分析学、物理療法学Ⅰ、物理療法学Ⅱ、理学療法技術論Ⅰ(中枢・脊損)、理学療法技術論Ⅱ(がん・老年)、理学療法技術論Ⅲ(整形)、理学療法技術論Ⅳ(小児)、理学療法技術論Ⅴ(神経筋)、理学療法技術論Ⅵ(循環)、理学療法技術論Ⅶ(切断・代謝)、理学療法技術論Ⅷ(呼吸)、卒業研究Ⅰ、日常生活活動学Ⅱ、臨床参加研修Ⅱ、症候障害学Ⅲ、リハビリテーション総論、卒業研究Ⅱ、臨床参加研修Ⅲ、臨床参加研修Ⅳ

理学療法学科実技授業
 
理学療法学科研究

 

理学療法学科 2学年の時間割例(2020年)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限目
(9:00〜10:30)
    理学療法評価学Ⅱ 日常生活活動学Ⅰ リハビリテーション医学
2限目
(10:40〜12:10)
症候障害学Ⅰ 臨床医学Ⅱ 理学療法評価学Ⅱ 日常生活活動学Ⅰ リハビリテーション医学
3限目
(13:00〜14:30)
理学療法評価学Ⅱ 病理学 運動生理学 運動療法学演習Ⅰ 神経内科学Ⅱ
4限目
(14:40〜16:10)
理学療法評価学Ⅱ 病理学  運動生理学 臨床医学Ⅰ  

学生の声はコチラ

卒業生の声はコチラ


 
 
資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校