病気や事故・・・
様々な理由で身体やこころに不自由を背負い、
何でもないことが思うようにできなくなってしまう・・・
 
できなくなって始めて気がつく「自分にとって本当に大切なこと」
作業療法士は、その人が「その人らしく生きるために」
「その人が大切にしていることを取り戻す」ための支援をする専門職です。
 

「人がより豊かに生きるために」

作業療法の定義

作業療法は人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。
 
 

(注釈)
  • 作業療法は「人は作業を通して健康や幸福になる」という基本理念と学術的根拠に基づいて行われる。
  • 作業療法の対象となる人々とは、身体、精神、発達、高齢期の障害や、環境への不適応により、日々の作業に困難が生じている、またはそれが予測される人や集団を指す。
  • 作業には、日常生活活動、家事、仕事、趣味、遊び、対人交流、休養など、人が営む生活行為と、それを行うのに必要な心身の活動が含まれる。
  • 作業には、人々ができるようになりたいこと、できる必要があること、できることが期待されていることなど、個別的な目的や価値が含まれる。
  • 作業に焦点を当てた実践には、心身機能の回復、維持、あるいは低下を予防する手段としての作業の利用と、その作業自体を練習し、できるようにしていくという目的としての作業の利用、およびこれらを達成するための環境への働きかけが含まれる。
 
※日本作業療法士会 ホームページより

作業療法士は3つの能力を維持・改善します

  • 基本的動作能力
    • 運動や感覚・知覚、心肺や精神・認知などの心身機能
  • 応用的動作能力
    • 食事やトイレ、家事など日常で必要となる活動
  • 社会的適応能力
    • 地域活動への参加、就労・就学など

 

作業療法士は幅広い分野で活躍しています

 
  

作業療法士はこどもからお年寄りまで。こころや身体に不自由さを抱える方の力になります 

  • 発達期
    • 脳性麻痺、脳形成不全、知的障害(精神遅滞)、多動性障害、行為障害、学習障害など
  • 高齢期
    • 器質性精神障害(認知症)、脳血管障害、骨折、骨関節障害、廃用症候群など
  • こころ
    • 統合失調症、気分(感情)障害、ストレス関連障害、精神作用物質使用による障害(アルコール依存症など)など
  • 身体
    • 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、高次脳機能障害、脳・脊髄腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病など

 

作業療法士のしごと 
 

 

学校説明会はコチラから!! 

 
 

作業療法学科のページはコチラ