茅ヶ崎リハビリテーション専門学校言語聴覚学科

言語聴覚学科(Speech-Language-Hearing Therapist)

言語聴覚士とは

 言語聴覚士とは「話す」、「聞く」といったコミュニケーションに関する障がいや摂食、嚥下などの障がいに対して専門的な治療・訓練を行うことで、その方が自分らしく生活できるよう支援するリハビリテーションのスペシャリストです。「ことば」は人間の営みを支える大切な手段であり、その「ことば」に不自由さを抱える人たちが増えている今、言語聴覚士には大きな期待が寄せられています。

学科概要

取得資格

言語聴覚士国家試験受験資格

入学定員

35名(35名☓1クラス)

修業年限

2年間

入学資格

4年制大学卒業(学部・学科は問わない)

その他

一般社団法人リハビリテーション教育評価機構認定

言語聴覚学科の特徴

現場が求める言語聴覚士の育成

臨床の現場では「高次脳機能障害」や「嚥下障害」にも十分こたえられる言語聴覚士が求められています。医療・福祉の現場から要請の高いこれらの領域に関する授業時間を通常の2倍に設定するとともに、これらに特化した実習を3週間実施していることが、現場から求められるスペシャリストの育成につながっています。

カリキュラム

専門基礎分野

医学総論、解剖学、生理学、病理学、内科学、小児科学、精神医学、リハビリテーション医学、耳鼻咽喉科学、臨床神経学、形成外科学、臨床歯科医学・口腔外科学、呼吸発声発語系の構造・機能・病態、聴覚系の構造・機能・病態、神経系の構造・機能・病態、障害発達心理学、学習認知心理学、臨床心理学、心理測定法、言語学Ⅰ、言語学Ⅱ、音声学、音響学、聴覚心理学、言語発達学、社会保障制度、リハビリテーション概論、医療福祉教育・関係法規、チーム医療学

専門分野

言語聴覚障害概論、言語聴覚障害診断学、失語症Ⅰ、失語症Ⅱ、高次脳機能障害Ⅰ、高次脳機能障害Ⅱ、言語発達障害Ⅰ(脳性麻痺、学習障害含)、言語発達障害Ⅱ、音声障害、構音障害Ⅰ(運動障害性Ⅰ)、構音障害Ⅱ(運動障害性Ⅱ)、構音障害Ⅲ(器質性)、構音障害Ⅳ(機能性)、吃音、嚥下障害Ⅰ、嚥下障害Ⅱ、小児聴覚障害(聴力検査含)、成人聴覚障害Ⅰ(聴力検査含)、成人聴覚障害Ⅱ、補聴器・人工内耳、臨床実習Ⅰ(評価実習)、臨床実習Ⅱ(総合臨床実習)

言語聴覚学科
 
言語聴覚学科

 

言語聴覚学科 1学年の時間割(2017年後期の場合)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限目
(9:00〜10:30)
耳鼻咽喉科学 臨床歯科医学・口腔外科学 内科学 成人聴覚障害Ⅰ チーム医療学
2限目
(10:40〜12:10)
耳鼻咽喉科学 失語症Ⅱ 内科学 生涯発達心理学 音響学
3限目
(13:00〜14:30)
言語発達障害Ⅰ 失語症Ⅱ 病理学 臨床心理学 学習認知心理学
4限目
(14:40〜16:10)
言語発達障害Ⅰ 高次脳機能障害Ⅱ 病理学 臨床心理学  心理測定法

学生の声はコチラ

卒業生の声はコチラ

学校説明会(言語聴覚学科)はコチラ

 
 
資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校