外部評価

外部評価

高度専門士

高度専門士とは

平成17年度より専門学校のうち、修業年限が4年以上等の要件を満たしたもので、文部科学大臣が指定した課程の修了者に、高度専門士の称号が付与されることとなりました。
「高度専門士」は高度な知識や技能を有し、4年制大学を卒業した者と同等の学力がある人材であることの証明です。

 

 高度専門士の称号が付与される専門学校の要件

  • 修業年限が4年以上
  • 総授業時数が3,400 時間(124 単位)以上
  • 体系的に教育課程が編成されていること
  • 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っていること
高度専門士

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校の理学療法学科・作業療法学科はこれらの要件を満たしており、高度専門士の称号を得られる学科として認められています。

 高度専門士のメリット① 大学院への入学資格

高度専門士の称号を得られることで、卒業後の大学院進学が可能になりました。医療・福祉の世界は日進月歩の世界であり、卒業後のさらなる成長に向けて新たな道を選択することが可能になっています。

 高度専門士のメリット② 社会での確かな評価と待遇

「高度専門士」の称号を得ていることは、4年間にわたる専門技能修得の証となります。現在は4年制大学卒業者と就職後の初任給に差がある場合がありますが、既に公立の病院や施設などでは高度専門士の称号取得者に対する待遇が見直されており、この動きは民間にも広がっています。
 
文部科学省

一般社団法人リハビリテーション教育評価機構認定について

「一般社団法人リハビリテーション教育評価機構」は、全国のリハビリテーション教育施設の「教育の質」を保証するため、養成校に対して公正かつ適性な審査を行い、その教育施設の優れている点や課題を明らかにすることを目的とする中立的な第三者機関として教育評価を行う評価機関です。
当校の理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科は機構の行う教育評価認定審査において、リハビリテーション教育に必要な施設基準およびカリキュラムを提供する優れた養成施設であると認定を受けました。(2016年3月31日)

それぞれの学科においては以下の点が特に優れているとして評価されました。
 

理学療法学科

専門科目に導入するためのカリキュラムと、講義と実技が一体化できる広い講義室を備えている。

作業療法学科

教育力向上への意識が高く、今後のさらなる発展が期待できる。

言語聴覚学科

卒後教育や同窓会を活性化し、後進への指導ができる人材育成を目指している。

リハビリテーション教育評価機構
 
評価評価

WFOT(世界作業療法士連盟)認定について

WFOT(世界作業療法士連盟)は、作業療法士の世界的な組織として設立されました。WFOTの目的は、各国の作業療法士協会や、専門家グループの間の国際協力を推進したり、作業療法の技術向上です。 
また、WFOTは養成校の教育水準についても認定を行っており、カリキュラムや教員数、臨床実習の時間が一定水準以上に達している学校に対してのみ認定を与えられます。その水準は、日本の厚生労働省の基準よりも大幅に高いものとなっています。
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校の作業療法学科はWFOTからの認定を受けています。
 
日本作業療法士協会
wfot
 
 
資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校