出張講義・講座のテーマ

出張講義・講座のテーマ一覧

当校が提供できる講座の一例です。 

当校にはリハビリテーションを支える3職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が教員として揃っています。
医療や福祉に関する様々な講座を提供させていただきますので、是非ご活用ください。
ここにない内容も遠慮なくご相談ください。可能な限りご要望に添った形で実施させていただきます。

 

理学療法関連

講座NO.

PT-01

テーマ

理学療法士のしごと

内容

理学療法士の仕事の一連の流れを実技および講義形式で紹介する。
特に対象者の悪いところを探す方法(検査・測定)や実際の治療に用いられる筋力練習・関節可動域練習についての説明と実際の体験を行い、職業に対する具体的なイメージを持てるようにする。

担当教員

理学療法学科 教員
岡崎 浩二

形式

座学+実技

実施場所

実技可能な教室

実施人数

10〜20名

講座NO.

PT-02

テーマ

理学療法士のやりがいについて
〜発展途上国での経験から〜

内容

理学療法士に必要なマインドとスキルを体験談と簡単な実技で学ぶ。
自身の身体を使った実技で理学療法士の技術を直感的に学ぶとともに、講師の発展途上国(パプアニューギニア)での体験を知ることで、仕事のやりがいや必要なマインドの理解につなげる。

担当教員

理学療法学科 教員
米本 竜馬

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

1〜40名

講座NO.

PT-03

テーマ

理学療法士とバイオメカニクス 〜数学と物理学で治療する〜

内容

3次元動作解析装置のデータ画像紹介やそれを基にした実技を行う。理学療法士はヒトの動作の専門家であり、ヒトの動作は物理学(特に力学)で説明できる。例えば歩行を理解する上で、重力や床反力といった外力、身体各部の質量に応じた加速度、角加速度という要素の理解は重要である。ここではヒトの動きに関連する力学についてを説明したうえで、それが実際に痛みの除去や歩容の改善、パフォーマンス向上などに向けた理学療法で役立てる方法を紹介する。

担当教員

理学療法学科 教務主任
古谷 実
理学療法学科 教員
米本 竜馬、渡部 祥輝

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

1〜10名

講座NO.

PT-04

テーマ

効率的な筋力トレーニングの方法

内容

いわゆる筋力トレーニングは闇雲に負荷をかけて、沢山行えば良いというものではない。理学療法士のもつ解剖学や生理学の知識と、それを活かす技術を用いれば、効率的な筋力トレーニングを行うことができる。本講義では、筋収縮のメカニズムと筋繊維の種類を説明し、赤筋と白筋の特性を考慮した筋力トレーニングの方法(スロートレーニング等)を解説し、実際に体験する。部活動における筋力トレーニングにも活用できる内容である。

担当教員

理学療法学科 教員
山﨑 尚樹

形式

座学+実技

実施場所

体育館など実技可能な教室

実施人数

10〜40名

講座NO.

PT-05

テーマ

腰痛とストレッチ

内容

意外と多い若年者の腰痛に対しての講義と実技。腰痛となる要因を解説し、それに対する予防・改善に有効なストレッチの実技体験を行う。

担当教員

理学療法学科 教員
清川 恵子

形式

座学+実技

実施場所

体育館など実技可能な教室

実施人数

5〜20名

講座NO.

PT-06

テーマ

スポーツのパフォーマンスにおける姿勢の重要性

内容

スポーツ動作における姿勢の重要性を講義し、実演を通してその重要性やトレーニング方法を紹介する。

担当教員

理学療法学科 教員
渡部 祥輝

形式

座学+実技

実施場所

体育館など実技可能な教室

実施人数

5〜10名

 

作業療法関連

講座NO.

OT-01

テーマ

医療職のコミュニケーションスキル

内容

リハビリテーションを提供する上で重要となるのが、患者様やご家族らとのコミュニケーション。やる気を引き出し、前向きにリハビリテーションに取り組んでいただくためのコミュニケーションスキルのエッセンスを体感します。

担当教員

作業療法学科 教務主任
野本 義則

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

4〜30名

講座NO.

OT-02

テーマ

障害体験

内容

聞き手の親指が使えなくなったら・・・自分の生活はどうなってしまうのか。
不自由さを体感するとともに、その解決方法が生活時間の中で変化することを紹介する。

担当教員

作業療法学科 教員
髙橋 知之

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

2〜20名

講座NO.

OT-03

テーマ

作業療法で用いる訓練と作業活動の違い

内容

作業療法で用いる手工芸的な作業活動について、訓練と作業の違いを紹介する。簡単な創作活動で訓練の要素が強い場面と作業活動の要素が強い場面を設定して、それぞれの効果を理解する。

担当教員

作業療法学科 教員
髙橋 知之

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

2〜20名

講座NO.

OT-04

テーマ

発達障害の作業療法

内容

人の体はどのように発達するのか。
赤ちゃんの運動の発達から正しい体の扱い方を学ぶ。

担当教員

作業療法学科 教員
神保 洋平

形式

座学+実技

実施場所

体育館や格技場など

実施人数

制限なし

講座NO.

OT-05

テーマ

対人関係の作業療法

内容

対人関係に課題を抱えている人に、作業療法はどのような支援を行うことができるのかを学ぶ。
傾聴のスキルや、人と人が出会い理解を深め合うことに関するワークショップを行う。

担当教員

作業療法学科 教員
神保 洋平

形式

実技

実施場所

普通教室

実施人数

制限なし

講座NO.

OT-06

テーマ

認知症の作業療法

内容

認知症についての基礎知識を学び、認知症の方がどのような心理状態(気持ち)になるのかを知る。
さらに認知症の方への介護方法やリハビリテーションを体験する。

担当教員

作業療法学科 教員
山根 剛

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

10〜20名

講座NO.

OT-07

テーマ

障害者の暮らしを助ける自助具について

内容

障害を持つ方の暮らしを助ける道具(自助具)を紹介。
実際に自助具を使ってみることで、脳卒中などで障害を持つ方の生活の工夫を学ぶ。

担当教員

作業療法学科 教員
山根 剛

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

5〜10名

講座NO.

OT-08

テーマ

自助具(ソックエイド)を作ってみよう。

内容

身体が不自由になると日常生活度どのようなことに困るのか。
それらを解決する手段を考えるとともに、自助具を作成して実際に使用してみる。
不自由さを抱える方にとって、自分の出来ることを広げることがいかに大切かを理解する。

担当教員

作業療法学科 教員
近藤 由季子

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

1〜10名

講座NO.

OT-09

テーマ

関節の角度を測って身体の変化を体験してみよう

内容

関節の構造や、関節可動域の測定方法を学びながら、体操を行う前と後での身体の変化を体感する。
身体の変化を確認することで、リハビリテーションで身体を動かす意味を理解する。

担当教員

作業療法学科 教員
近藤 由季子

形式

座学+実技

実施場所

体育館や格技場など

実施人数

1〜10名

講座NO.

OT-10

テーマ

地域で働く作業療法士

内容

病院や介護老人保健施設だけでなく、作業療法士の活躍の場は「在宅」にも広がっている。
病院や病気を治療するだけではもとの生活に戻れないことがあるという現実。もとの生活に戻るために必要なこと。在宅で生活を維持するために必要なことなど、リハビリテーションの視点について学ぶ。

担当教員

作業療法学科 教員
神保 匡良

形式

座学

実施場所

普通教室

実施人数

2〜40名

講座NO.

OT-11

テーマ

高次脳機能について

内容

脳の仕組みについて分かりやすく学び、一般にはあまり知られていない高次脳機能障害についての概論と作業療法士のアプローチを学ぶ。

担当教員

作業療法学科 教員
神保 匡良

形式

座学

実施場所

普通教室

実施人数

2〜40名

講座NO.

OT-12

テーマ

体表解剖学

内容

リハビリテーションを学ぶ上でのベースとなる「解剖学」。その内容や学ぶ意義を解説し、実際の授業のダイジェストとして演習を行います。

担当教員

作業療法学科 教務主任
野本 義則

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

4〜20名

 

言語聴覚療法関連

講座NO.

ST-01

テーマ

発声の不思議

内容

声帯や舌、口、喉の働きを解剖図、自身の身体を使って確認し、話すことの仕組みを理解する。また声帯に関連する食道発声についての概略を学ぶ。

担当教員

言語聴覚学科 教員
合田 素子

形式

座学+実技

実施場所

普通教室

実施人数

10〜20名
 


資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校