学生の声

学生の声

理学療法学科

理学療法学科 2年
鈴木 爽斗(県立有馬高校出身)

 
高校生の時、学校説明会に参加して先輩方や先生と話をさせていただきました。その時の雰囲気に安心感を持てたことが、茅ヶ崎リハを進学先として選んだ一つの理由です。
実際に入学して感じるのは、授業や放課後・休み時間など、先生方はとても丁寧に接してくださいます。そういった環境が先生方に対する信頼につながり、学校説明会で雰囲気に現れていたのかなと思います。
他にも全ての臨床実習をグループ内で行っていることなどに魅力を感じ、茅ヶ崎リハを受験しました。
 

自身の怪我で辛い思いをしたことが、理学療法士を目指したきっかけでした。辛い思いをしている人を少しでも支えられるような理学療法士になることが目標です。

 

目標に向かって

目標に向かって

サークル活動も

軟式野球サークルに所属し、大会でも活躍。


作業療法学科

作業療法学科 3年
岩永 実恭(県立伊勢原高校出身)

 
学校での勉強は初めての内容ばかりなので、必死に勉強しています。今、学んでいることが、作業療法士として働いていく上でのベースになると思うと、少しプレッシャーを感じますが、先生方は自らの作業療法士としての体験を交えながら、私たちに対して丁寧に教えてくれます。
高校までの学習と変わったのは、受け身でいるだけでなく、積極的にクラスメイトや先生方と関わりながら学んでいることです。分からないことを整理して、友達と一緒に確認しあったり、自分の考えを積極的に友達や先生に聞いてもらっています。そうすることで、より知識が深まり、確かなものになっていくことを感じられています。
 

臨床実習で作業療法士が実際に働く現場を経験し、作業療法士になりたいという思いをさらに強くしました。この思いを大切に学生生活を過ごしていきたいと思います。

 

手工芸室にて

手工芸室にて

先生との距離が近い

分からないことは、できるだけ早く解決する!!


言語聴覚学科

言語聴覚学科 2年
佐々木 萌(学習院女子大学 国際文化交流学部出身)

 
前職は医療事務職で、ご高齢の方と接する機会が多い仕事でした。そのような中で少しずつ医療の専門知識と技術を身につけ、資格を取得して直接サポートできるようになりたいと考えるようになりました。医療関係の仕事を調べていく中で、言葉や摂食嚥下のスペシャリストである言語聴覚士に興味を持ちました。
茅ヶ崎リハを選んだのは、学校説明会でお話をされていた先生方の熱意に強く感銘を受け、「この学校で学びたい」と感じたからでした。
 

言語聴覚士は患者様の人生にかかわる責任のある仕事です。知識の向上はもちろんですが、何より患者様の側に立ち、患者様の笑顔を大切に出来る言語聴覚士になりたいです。

 

実技授業

検査室などの施設も充実しています。

座学

言語聴覚士は身近で重要な仕事だと思います。


 
 
資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校